カマグラゴールド副作用

カマグラゴールド副作用/コスパが高いバイアグラジェネリック

カマグラゴールド副作用

バイアグラのジェネリック薬として人気の「カマグラゴールド」は、バイアグラの成分である「クエン酸シルデナフィル」の特許期限が満了し、日本でもジェネリック薬の製造が出来るようになってからも、価格の魅力で多くの人から支持を集めています。

 

「カマグラゴールド」の副作用については、バイアグラと同じく血管の拡張作用による頭痛、顔のほてり、動悸などや、血圧低下によるめまい、皮膚発疹などのアレルギー症状、消化不良などの出現が報告されています。

 

 

これらの症状は、カマグラゴールドが血管を拡張し血液の流れを良くすることが原因であり、重篤な副作用に至る事はあまりありません。

 

しかし、ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等の硝酸剤(飲み薬・舌下錠・貼り薬・吸入薬・注射・塗り薬・スプレー)や心臓病を治療する薬を服用している人は、カマグラゴールドを併用して使用すると急激に血圧が低下してしまい、最悪の場合死に至ることがあるので注意が必要です。

 

カマグラゴールドは、ジェネリック薬の製造では世界的に実績のあるインドの中でも、大手の製薬会社である「アジャンタ・ファーマ社」が製造販売しています。

 

バイアグラはED治療薬の中でも最も早く発売された薬なので、消費者のニーズやクレームに対するノウハウを最も多く蓄積している薬と言えます。

 

なので、副作用に対する対策も適切に処理されているため、他のED治療薬に比べて安全性の面も高いと言えます。

 

この優れたED治療薬であるバイアグラジェネリック、「カマグラゴールド」を次のページから説明していきます。

カマグラゴールドジェネリック

カマグラゴールドは「バイアグラ」のジェネリック薬です。

 

ジェネリックとは英語で「Generic」と表記し、「一般的な」、「ブランドに囚われない」といった意味の言葉です。

 

なので、「ジェネリック薬」は新薬(先発薬)のブランドに囚われない薬で「後発薬」とも言われています。

 

価格的にも、新薬に比べてかなり安く設定されています。

 

なぜジェネリック薬が安いかと言う理由は、新薬が発売されるまでには、250〜800 億円超という研究開発費が掛かるうえに、約 10〜15 年と言う膨大な時間を費やさなければならないんです。

 

 

その点、ジェネリック薬は、膨大な開発費と長い時間を掛けた新薬のノウハウを使うことができるため、新薬に比べて格安で販売する事が可能なんですね。

 

2014年にバイアグラの特許期限が満了した事により、日本でもバイアグラのジェネリックカマグラゴールの製造が可能になりました。

 

日本の製薬メーカーから次々に「国産バイアグラジェネリック」が発売されていますが、インド製の「カマグラゴールド」などに比べてやや割高な感じがします。

 

カマグラゴールドの製造元であるインドのように、人件費などの製造コストを低く出来ない事などが原因と考えられます。

 

それでも、国産のバイアグラジェネリックは、日本製の安心感と高い品質があるので、価格にこだわらなければ、選択肢の一つには十分なるのではないでしょうか。

 

日本でも、高齢化に伴う医療費の抑制が課題になっている中で、ジェネリック薬を積極的に使用する方針を厚生労働省が打ち出しています。

今後、ジェネリック薬の普及が急速に進むと思われます。

カマグラゴールド・個人輸入

カマグラゴールドは、インドの「アジャンタファーマ社」で製造されているED治療薬です。

 

日本にいて購入するためには、「個人輸入」という方法を取ってインドから輸入しなければなりません。

 

英語力のない日本人が、個人で海外から品物を取り寄せることは、かなりハードルが高い作業と言えます。

 

なぜなら、個人輸入は、直接現地の企業や店舗とやりとりを行い、注文・購入することになるからなんです。

 

 

つまり、国境を越えた形で取引を行うことになるんですね。

 

また、製品情報を読み取る読解力は当然のこととして、問い合わせや必要事項の記入などで、英語で文章を書く能力が求められるんです。

 

最低限メールで意思の疎通が出来る程度の語学力を持っている事が、大前提となるんですね。

 

個人輸入の場合には、到着の遅れや誤送をはじめとしたトラブルも多いため、素人が個人輸入を行う事はなかなか難しいんです。

 

ところが、このように複雑で面倒な個人輸入を、購入者に代わって行ってくれる業者があるんです。

 

「個人輸入代行業者」と呼ばれていて、購入者と海外の企業・店舗を仲介し、意思の疎通と取引内容の確認を行うことによって個人輸入をスムーズに行うことを業務としている業者なんです。

 

利用する側としては、その国の言葉がまったく理解できなくても日本語だけで取引を行うことができると言うメリットがあります。

 

もちろん、手数料が発生しますが、トラブルのリスクは自分自身で行うよりも大幅に減少します。

 

インターネットが普及した事で、この個人輸入代行を簡単に利用することが出来るようになりました。

 

ただ、インターネット上で「個人輸入代行」と名乗っている業者が、すべて本物の商品を扱っているわけではありません。

 

むしろ偽造品(ニセモノ)を扱っている業者の方が多いくらいなんです。

 

「正規品」を扱っている良心的な「個人輸入代行業者」を選ぶ目を持つことが、とても大切になるんです。

カマグラゴールド・インド

カマグラゴールドは、バイアグラのジェネリック薬です。

 

2014年にバイアグラの特許期限が満了し、世界中どこの製薬メーカーでもバイアグラのジェネリック薬を製造販売できるようになりましたが、それ以前はインドがほぼ独占的にバイアグラのジェネリックを製造していました。

 

なぜインドは、特許期限が満了する前の新薬のジェネリック薬を作ることができたんでしょうか。

 

それは、「1970 年特許法」と言われるインド独自の特許制度が存在していたからなんですね。

 

「1970 年特許法」とは、医薬品を含む食品・化学品などに対し「物質特許」を一切認めず、「製法特許」制度を採用した法律だったんです。

 

「物質特許」とは、新規に生成された飲食物、医薬、化学物質に対して取得される特許のことなんです。

 

 

一方の「製法特許」は、最終製品でできたもの自体は特許として権利化されていないが、そのものの造り方のうち特定の方法で製造するやりかたについてだけ特許で権利化する特許制度です。

 

「1970 年特許法」は製法特許だけなので、最終的な製品形状が同じでも、特許を侵害していることにはならないんです。

 

簡単に言うと、作り方(製造特許)さえ変えれば、成分などが新薬と同じ薬が最終製品であっても特許侵害にはならないんです。

 

2005年にはインドでも物質特許を採用するようになるんですが、それまでは他の国が作りたくても作れなかったジェネリック薬を大量に製造し、世界中に流通させました。

 

高品質で低価格のインド製ジェネリック医薬品は、アフリカなどの発展途上国にとって無くてはならないものになっていったんです。

 

バイアグラのジェネリック薬カマグラゴールドの事をもっと理解しましょう


ホーム RSS購読 サイトマップ